HOMEペット宿泊施設ホテル宿泊料金犬のお客さん紹介ブログご予約はこちら

犬のホテル(犬のお宿ももさく):小型犬種

チワワ

ペット(犬)の中でもチワワは、
小さいことで、世界中に多くの愛好家がいる犬種ですよね。

メキシコの先住民族は、古代からテチチと呼ばれる、豚に似た小さな犬を飼育していました。
チワワの先祖と言われているテチチは、地中の穴に住んでいたらしい。

メキシコの先住民族により、家畜化されたと言うのが定説となっています。

コロンブスも、
今のキューバにあたる島で「吠えない小さな犬を発見した」
と、スペイン国王に報告している。この犬も、テチチだったと考えられます。

犬種名の由来

1850年に、アメリカ人がメキシコのチワワ市から、基礎犬を連れ帰ったのが
犬種名の由来になっています。

テチチは、もともと小型でしたが、
アメリカでの選択繁殖により、より小型に改良固定されたものが現在のチワワです。

現在、メキシコで見られるチワワでさえも、アメリカから渡った系統のものになっている。

チワワは、
全犬種中最も小型で、セントバーナードの100分の1程度と、手のひらに乗るものもあります。
1〜2kgが理想とされています。

アップルドームと呼ばれる頭に小さく引き締まった体、黒く大きく輝く瞳は理知的。

テチチは長毛であったと言われているが、
チワワには、スムース(短毛)とロング(長毛)の2タイプがあります。
今は、世界に分布するチワワは単色のものが多いですが、
メキシコではタン・マーキングのあるものや斑が好まれているそうです。

コロンブスは「吠えない犬」として、テチチを報告していますが、
現在のチワワは、よく吠えるようです。

縄張り意識が強く、動作が機敏。
体は小さいが、番犬としての役目を充分こなします。

チワワは、忠実で勇敢な犬です。

参照ページ ワールドドッグ図鑑

ももさく通信
犬 ホテル メニュー
お客さん紹介
その他コンテンツ
犬の種類
小型犬
チワワ シーズー